« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月27日 (木)

大神神神社奉納舞をさせて頂いて

「大神神社」奉納舞をさせて頂き・・・

 

朝から早春の時雨が静かに降り、芽吹き始めた柳が風に揺れ、美しい春の初めの景

色でした。

「大神神社」に着きますと神官様がお迎えくださり、とても厳粛な気持ちがしまし

た。「大神神社」の神体のお山は荘厳で、そこに流れる空気は外界とは異なり遥か

2000年の時を超えて流れるかのように清廉な心地に満たされました。

控えのお部屋をご用意して下さり、そのお部屋には「平山郁夫画伯」の絵が掲げら

れていました。画伯独特の群青の色で描かれ、神体のお山の上には月が、、それは

絵も言われぬ美しいものでした。

そして、奉納舞へと、、、拝殿に進み、宮司様の祝詞・お鈴のお祓い、そして舞

ご奉納をさせて頂き、お榊を捧げさせて頂きました。

宮司様の祝詞の時に神体のお山から風が吹き渡り、寒いはずなのに、、、心が清

られるようで、静かに吹き渡る風に深い感謝を感じていました。

そして、舞の奉納の時にもやはり風が、、、神体のお山から流れるように吹き渡り、この世でないような、、、遥かな悠久の時の中で舞わせて頂いているように思われて、それはとても不思議な思いです。

そこにいるのは自分でないような、あるいは自分なのか、悠久の彼方で舞った時の

ような、、、時空を超える思いでした。

 またこれからは年に一度は舞を奉納させて頂きたくそのように申し上げますと、

快くお許しを頂けました。

あの折の風は今も身に感じています。

Oomiwajinjyaootorii大神神社「大鳥居」

Oomiwashinsugi 大神神社「巳の神杉」

20140314yuki2 地唄「雪」

20140314yuki 地唄「雪」

*掲載させて頂いています「大鳥居」「巳の神杉」「奉納舞」の写真は(平成26年3月14日於大神神社拝殿)に於きましてのものです。全て「大神神社」からお許しを頂いて掲載していりますので転載などなさらないように宜しくお願いを致します。

|

2014年3月 2日 (日)

青昇舞

「アメージング・グレイス」写真です。

Amejingu

「アラビア風騎想曲・アルハンブラ宮殿の想い出」写真です。

Aruhanbura1 Aruhanbura2 Aruhanbura4 Aruhanbura5 Aruhanbura6

地唄「雪」写真です。

Yuki20141 Yuki20142 Yuki20143 Yuki20144 Yuki20145

時雨が上がり、打ち水をしたように濡れた石畳、、、木々にも雫が残り、、、春まだ遠い京の美しい風情の中「青昇舞」を始めさせて頂きました。

先代の裏千家の宗匠が監修された「和室」はその園庭、和室の外観も中の設えも隅々にお茶室の風情があり、壁、柱、廊下、襖、障子、灯、採光に心配りがされて本当に美しい佇まいです。

お客様に俳優の栗塚旭氏、アナウンサーの武部宏氏、長岡天満宮の中小路宮司様にもお越し頂きお忙しい方々なのに、、、と本当に感謝です。

また、以前私がパーソナリティをしておりましたラジオを聴いていて下さった方々もお越し頂き嬉しいお出会いでした。

回を重ねるごとに、新たな勉強の糧を頂きます。次に向けてまた精進を致します。

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »