« 青昇舞一夜の公演を前にして | トップページ | 2014年2月28日(金)立花青昇舞vol,18 »

2013年10月29日 (火)

平成25年度文化庁芸術祭参加公演―青昇舞一夜―

地唄「雪」

2013yuki1


2013yuki2


2013yuki4

地唄「雪」はきっと私のlifeworkでしょう。舞う度に「雪」の女の思いが変化して行きます。それは、舞う毎に深く、清廉になって行きます。思いの深さがしんしんと降り積もる雪のように、、、雪の上に再びの雪を重ね、新たに積もりゆく雪はより清らかに深く、、、既に積もった雪の深さの厳しさの上に清らかで美しい思いの雪が降り注ぎ、過ぎた情念を清らかにして行きます。それは恰も夜桜が時空を超えてあの世とこの世を舞うかのよう。清らかに降り積もった雪の下に情念の埋み火は今も赤々と紅蓮の炎が揺れている。消えることのない紅き思いは桜と見紛う雪となって時空を超えて舞い上がる。

能を舞ふ「殺生石」

2013sesyouseki1


2013sesyouseki2


2013sesyouseki3


2013sesyouseki4


2013sesyouseki5


2013sesyouseki6


2013sesyouseki7

「殺生石」九尾の狐の念。それは果たしてどこから来たのか、、、創り込む毎に「玉藻の前」の心の内が見え隠れして行きました。狐の化生としての念と幾重にも変化してきた女の心と、、、天竺、大唐、日本その折々に化生となって生きてきた心。幽かに感じることが出来たのは、化生でありながら思いの心は感じられて行きました。自らが化生として人間を貶め、獣、鳥類までも儚くして行くその心の底には微かに成仏を願う心を感じて行きます。九尾の狐の毒、化生した女の情そして成仏を願う思い。変化の中にある心。変化して行く心。能は神事として生まれました。今も能舞台は神事の舞台です。そこで演じられる演能は神事です。上方舞として舞う時もそれは変わりません。だからこそ「成仏」へ「悟り」へとの道を舞って行きたいと思います。

|

« 青昇舞一夜の公演を前にして | トップページ | 2014年2月28日(金)立花青昇舞vol,18 »

「文化・芸術」カテゴリの記事