« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月21日 (火)

六条御息所幻想

先日お琴と地唄の会にゲスト出演した「六条御息所幻想」の写真です。

Photo

今回は是非に「六条御息所幻想」をとの依頼を受けての出演でした。これは全くの私の創作の「六条御息所幻想」の-上方舞源氏を舞ふ-のなかの一作品です。源氏から疎遠にされ葵祭に忍んで行き、人目源氏の麗しい姿を見たいと、、、しかし葵上との車争いになり、高貴な六条の心が辱められ、その傷つけられた心、高貴な魂ゆえの慟哭、、、かつての東宮の妃としての誇り、幾多の公達に憧れられたプライド、その全てを傷つけられ源氏からも振り返られる事のない哀しみと悔しさ。その慟哭と想い故に我が身の知らない内に肉体から離れ彷徨いゆく六条の魂。この時六条の和歌に「どうか私のこの魂を下帯に留めて置いてくれ、、、」と切々と源氏に訴えます。自らでさえもどうしようのない慟哭故の姿。その中で六条は微かに救いを源氏に、仏に求め行きます。その深い哀しみ、自らでさえも留め置く事が出来ない彷徨える魂。そこには壮絶な女の生き様があります。しかし、その最中であっても六条は、かつて東宮の妃であった誇りは失わず凛として我が身を振り返り、仏に救いを求め行くのです。

|

2013年5月12日 (日)

地唄「面影」写真です。

Omokage1Omokage2


Omokage3


Omokage4


Omokage3_2

面影をしたい、幾年を過ぎても忘れることのない想い。今の尚鮮やかに蘇る想い。決して消えることなく生き続ける想い。人の心に美しく灯った想いの心はきっと永遠に心の中に居く続けるのでしょうね。そんな思いの「面影」でした。

|

石原裕次郎CDより「思い出さがし」写真です。

Omoidesagashi1Omoidesagashi2

石原裕次郎氏の声が深く、幾層にも分かれて低く響いてきました。それは地唄の歌のように深いその向こうの景色を映し出しています。そこにいる女はどの歌の女にも等しくあるのは、凛とした姿です。男を想う時、未練を想う時、哀しみを湛えている時、幸せを感じている時、その全てに凛とした覚悟を生きている女がいます。それは石原氏の描く女なのか、、、歌声の向こうにいる女がとても好きなんです。未練を抱きながら自らの内に秘めて、、、自立している女がいます。

|

西垣正信CDより「アルハンブラ宮殿の思い出」写真です

PhotoPhoto_2

西垣正信氏の演奏はいつ聞いても心深く、温かいものを感じています。「アルハンブラ宮殿の想い出」は幾多の戦場と化したその建造の数々の中に多くの戦いに敗れ、勝利した騎士の思いが深く沈んでいます。そして、その中から見出した神への感謝が流れていると感じて舞わせて頂きました。戦の哀しみ、闘う事の想い、魂の浄化そして、心に生まれた神への感謝そう感じていました。そこに導いて下さったのが西垣氏のギターでした。

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »