« 石原裕次郎氏の一念「黒部の太陽」 | トップページ | 青昇舞一夜  »

2012年9月26日 (水)

語り芝居「三津山」

いよいよ「大安寺観月会」です。今週に迫ってきました。劇団「高円」の役者達も最後の仕上げに入りました。みんな夫々に頑張ってきました。「先生、最初はどうなる事かと思っていました。稽古時間がない中本当に出来るのかと不安でした。」と、、、でも先日最終の稽古を済ませると、本当にみんなが懸命に努力して来たことが感じられて嬉しかったです!!!それぞれの役の心がしっかりと伝わって来ました。立ちを付けたところがその役になって行くうちに自らで変化して行きました。これは本当に嬉しかったです。それ程に夫々が懸命に努力した証です。本番前に最終の通しをします。きっとまた変化していることでしょう。自らが役に息を吹き込めればそこには役そのものが存在します。とっても楽しみです。厳しくもしました。でも皆よく着いて来てくれました。有難い事です。

私にとっては初めての「語り芝居」の作・演出です。私なりの不安もありました。この芝居をお客様が喜んでくださればそれは全て懸命に努力を重ねた役者スタッフのお蔭です。

もしお時間があれば観にいらして下さい。

|

« 石原裕次郎氏の一念「黒部の太陽」 | トップページ | 青昇舞一夜  »

「文化・芸術」カテゴリの記事