« 東大寺 特別展 | トップページ | 大安寺観月会「三津山」 »

2012年6月15日 (金)

NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク

Photo


先日この「NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク」の理事長松井秀文氏の講演を聞く機会を得て、そのお話を伺いました。

小児がんに侵されて闘病生活を余儀なくされている子供達。年間およそ二千五百人の子供が新たに小児がんに羅漢し、全国で一万六千人もの子供たちが小児がんと闘っている。

この現状は世間にあまり知られていないという事。今ではその多くは治る反面、その半数もの子供たちが合併症で苦しんでいるという現状だそうです。

松井氏は言われます。「皆さんにこの現状を知って頂きたい。あまりにも知られていない。」

私はそのお話を伺い「今自分の出来ることは?」と自分に問いかけました。大きな事は出来なくても何かお役にたつことがあるはず、、、、、講演を聞きながら考えていました。

そして、「チラシに掲載させて頂こう!!!」と、、、

講演が終わられて、幾人かの方々と懇親会が持たれました。そこで松井氏にその思いをお伝えしました。すると快く受けてくださり事務局への橋渡しもして下さいました。

私の今出来ることをさせて頂く。その思いです。これから公演のチラシに「NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク」を掲げさせて頂きます。そして、一人でも多くの子供たちがこの病が治り明るい未来に飛び立つことを祈ります。また様々に御苦労させているご家族の方にも明るい未来が訪れることを祈ってやみません。

|

« 東大寺 特別展 | トップページ | 大安寺観月会「三津山」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事