« 曽根崎心中 | トップページ | 成田屋の眼光 »

2012年2月25日 (土)

いつも偶然

本当にいつも偶然に出逢います。ホノルル美術館の館長をしてらしたスティーヴ・リトル氏。

以前そのホノルル美術館に招聘して下さり、美術館の前庭のデルヴォ―の彫刻の前で舞わせて頂いた。

そんなご縁で私の「上方舞 立花流・書 芸術院」の顧問をずーっとして下さっています。

そのスティーヴが時折京都に来られます。私の長年の友人の私設ギャラリー「桃源洞」のオーナーの古い友人でもあります。もう故人になられましたが、この「G桃源洞」の創設者ディビット・キッド氏とも古い友人でいられます。

いつも何故か私が用事があって「桃源洞」にお邪魔すると、、、アメリカから来られているんです。今回は東京で仕事をされて「京都についたところです。」とそして、「明日ロスに帰ります。」と、、、

いつも優しい笑顔で迎えてくれます。

今はホノルル美術館からロスアンジェルス美術館の東洋美術のトップになられています。

専門が東洋美術。特に中国・韓国の美術に精通されています。日本の美術も江戸から以前の物にはとても詳しいです。

Photo

Photo_2

Photo_3

いつお目にかかってもジェントルで優しい方です。

彼が描いたという「墨絵」を見せてくれました。かなりの数の作品ですが、とても深く不思議なエナジーを感じる作品でした。

「発表すればいいのに、、、」というと「いずれ美術館でやりたい。」と、、、

スティーヴの人柄と感性が美しく表現されていました。

表現するものは全て、作品も舞台もその人そのものなんですね。

|

« 曽根崎心中 | トップページ | 成田屋の眼光 »

「文化・芸術」カテゴリの記事