« ロコへのバラード | トップページ | 頌春 »

2011年12月28日 (水)

茂山狂言「HANAGATA」

先日茂山狂言の若手狂言師による「HANAGATA」を観に行きました。

今年の終わりに早速の大笑い!!!

現代作家による新しい切り口の狂言、、、って言うよりも、、、芝居でもなく、狂言でもなく、パロディでもなく、、、、、まったく別の世界が繰り広げられていました。

随所にエスプリの効いた趣のある台詞なり所作なりが舞台に広がって行きます。

笑って観ているのに、、、凄い芸を観せて頂いたように感じていました。

凄いなって!!!皆さんの中に潜む芸の深さそれは若手と言えども何十年のキャリアを積んだ芸の深さでした。

茂山正邦、茂山宗彦、茂山逸平、茂山茂、茂山童司、各氏の積み重ねてこられた芸の鍛錬の凄さでした。

僅かな台詞、その間合い、呼吸、所作のメリハリ、決め、その一つ一つが何気なくされているのに奥行きが深いんです。

おそらく体の芯に培われた芸の力です。細胞に落とし込まれたその深さです。

大笑いしながら、、、感動しました。

来年も12月23日にされるそうです。

これは是非、是非観に行かねば!!!です。

品のいい笑いは人を幸せにしてくれますね。

|

« ロコへのバラード | トップページ | 頌春 »

「文化・芸術」カテゴリの記事