« 能を舞ふ「浮舟」 | トップページ | 青昇舞一夜 報告 »

2011年10月15日 (土)

団十郎丈の「助六」

華の江戸歌舞伎「助六」!!!

団十郎丈の助六に魅せられました。年輪を重ね重厚さの中に爽やかな風のような、、、

芸の凄さ、年輪を重ねた型と間、、、江戸の香りが、、、これを醸し出せるのは団十郎丈のみ!!!そんな気がして、、、

助六のあの隈取のなんと美しいこと!!!あれほど剝き身の隈取が似合う役者はそうはいません。

剝き身の隈取は江戸歌舞伎の象徴!!!当代は実に美しく格調高く艶で、、、助六の男伊達に色香と男の心意気と純な心と、、、不思議な世界が生まれていました。

先日観た「河内山」の色気とはまた一味異なった色香が美しかったです。

|

« 能を舞ふ「浮舟」 | トップページ | 青昇舞一夜 報告 »

「文化・芸術」カテゴリの記事