« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月26日 (水)

青昇舞一夜 報告

朝からの雨が、、、やはり公演の前には上がりました。やっぱり私は「晴れ女」です。お越し下さるお客様が濡れられては、、、本当に良かったです。

夕刻から「浮舟」のリハに入り、最終の打ち合わせをすませ化粧にかかりました。

最初は地歌「雪」、地方はいつもの北野峰琴さん、、、幾度ご一緒させて頂いているのかしら、、本当に幾度も幾度もご一緒して、、、今はもう「今度・・・・・です。」「はい、わかりました。」「どれくらいの寸法で?」「いつもどうりで、、、少しゆっくり目で、、、」大抵はこれで本番を迎えます。互いの呼吸が本当によく分かっているので、入ってゆけます。雪の女に、、、今回も御高祖で舞いました。

私の「雪」は御高祖の「雪」そう自分で感じています。色んな形を迷いながら模索して、、、そして、行き着く、、、辿り着くんですね。自分の型に、、、

「浮舟」小鼓の久田舜一郎先生、謡の吉浪壽晃先生、能管の野中久美子さん

能管が静かな法然院に響き、、、小鼓が前シテをこの世に登場させ、謡がその心を表す。

静かな張りつめた空間がこの世とあの世の境を繋げて行く、、、そこにあるのは「浮舟」の心、、、未だに憑りつかれた悟れぬ心、、、

謡がその心を、、、浮舟の在り様を語り、、、心が魂が具現化して行く、、、そして、小鼓がその心を激しく揺さぶり、、、幽界の魂を真の心を引きづり出す、、、能管に惹かれるように舞い狂う浮舟、、、、、

やがて、僧によって心の平安を得て静かに消えてゆく浮舟、、、、、

一期一会の舞台、ご一緒させて頂けた幸せともっともっと精進を重ねねばとの思いを新たにさせて頂いた「青昇舞一夜」でございました。

|

2011年10月15日 (土)

団十郎丈の「助六」

華の江戸歌舞伎「助六」!!!

団十郎丈の助六に魅せられました。年輪を重ね重厚さの中に爽やかな風のような、、、

芸の凄さ、年輪を重ねた型と間、、、江戸の香りが、、、これを醸し出せるのは団十郎丈のみ!!!そんな気がして、、、

助六のあの隈取のなんと美しいこと!!!あれほど剝き身の隈取が似合う役者はそうはいません。

剝き身の隈取は江戸歌舞伎の象徴!!!当代は実に美しく格調高く艶で、、、助六の男伊達に色香と男の心意気と純な心と、、、不思議な世界が生まれていました。

先日観た「河内山」の色気とはまた一味異なった色香が美しかったです。

|

2011年10月 4日 (火)

能を舞ふ「浮舟」

先日小鼓の久田舜一郎先生、謡の吉浪壽晃先生、能管の野中久美子さんと下合わせをさせて頂きました。

久田先生、吉浪先生とご相談させて頂き、上方舞として舞えるようにとの工夫をして頂きました。

前シテ、後シテ、も上方舞である為に能とは違う捉え方にもなります。

浮舟の心の動きも能の作品の中の浮舟であり、前シテ、後シテの取り込みもある程度は明確にして行こうと思います。

前シテの中に潜む幽かな浮舟、、、能のカケリの狂いも上方舞としての表現を、、、

能管に誘われ、、、小鼓に惹かされ、、、謡に舞わされる、、、

自分が自分でない、、、浮舟が浮舟として、、、魂が浮遊する、、、狂いが現なのか、、、幽玄なのか、、、

音曲が能の世界、そこには幽玄と夢幻と現の間に行き交う魂と思いが、、、

我であり我でない別な次元へと、、、

今までに踏み入れたことのない異次元へと、、、

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »