« 「トスカ」舞台写真です。 | トップページ | 狂気と夢と現の狭間 »

2011年6月 2日 (木)

能を舞ふ「浮舟」

先日小鼓の久田先生にお目にかかり、この秋に公演する「能を舞ふ―浮舟―」の打ち合わせをさせて頂きました。

能の中で前シテ、後シテの取り組み方や、どの箇所をどのようになど様々に教えて頂き、少しづつ私の中で「浮舟」が具体的になってゆきました。能の「浮舟」を観たいと思っているんですが、、、、、中々演目にかかりません、、、DVDもかなり探したんですが見つからず、、、

読み込んで行きながら私なりの「浮舟」を探し求めなければ、、、この「能を舞ふ」は「上方舞源氏舞台―浮舟―」とは全く異なる作品です。

秋に向けてまずは骨子をしっかりとさせて、「能を舞ふ―浮舟―」と「上方舞源氏舞台―浮舟―」の浮舟の有様の違いなどを創り込んで行かなければ、、、です。

それを頭に置きながら、6月16日に明石で舞う「芦刈」の振付、7月の「こすの戸」「アーサー王」の振付などなど、、、

9月にも明石城で、、、とお話も頂いているので、頭の中をしっかり整理して、夫々の方向性、作品の骨子、理念、表現形態、、、様々に深めて行かねば、、、です。

でも色んな挑戦をさせて頂けて幸せです。

|

« 「トスカ」舞台写真です。 | トップページ | 狂気と夢と現の狭間 »

「文化・芸術」カテゴリの記事