« さくらFM出演 | トップページ | 市川團十郎丈の「勧進帳」弁慶 »

2011年2月12日 (土)

上方舞源氏舞台「浮舟」

一本物の上方舞芝居として創ってゆこうと、、、更に深めて行くと、、、「大君の霊」を登場させる事に、、、

薫の君の愛した女、、、だが最後まで身を許す事無く死んでいった大君、、、そこに何が、、、式部は何を捉え何を伝えようとしたのか、、、

大君の存在の中に無常を、、、心を、、、身は触れずとも、、、心をと、、、そこに式部が見たものは、、、

宇治十帖に流れる無常観、、、心を突き詰めた女、、、この世の無常を知り心のみを信じようとした女、、、

薫には決して理解できなかった女かもしれない、、、求めても、求めても、、、身を求める、、、式部が感じた無常観、それは心を求める女と身に触れようとする男の永遠に相容れない流れかもしれない、、、宇治川の流れのように、、、、、

|

« さくらFM出演 | トップページ | 市川團十郎丈の「勧進帳」弁慶 »

「文化・芸術」カテゴリの記事