« トスカ | トップページ | 上方舞源氏舞台「浮舟」 »

2011年1月22日 (土)

上方舞創作舞台「トスカ」

「トスカ」の台本の骨子がやっと出来ました。

今春に再演します「横笛」は今回は茂山童司さんに「柏木」を演じて頂き、舞も「柏木」で舞って頂くようお願いをしました。

そうすると横笛の心が表現がかなり具体的になってきたんです。立体になりました。

これをベースに考えて行くと、、、「トスカ」も童司さんに「カヴァラドッシ」になって頂いて、台詞を前面に押し出して、トスカを創ろうと考えています。

舞台に語りのみではなく演者としての「柏木」なり「カヴァラダッシ」なりが存在する事で、「横笛」「トスカ」がより立体に浮かび上がる。

そう考えて行くうちに、源氏も「浮舟」は「薫」の台詞で創り上げようと考えています。

舞台として、舞の世界を超えて、一幕の舞台に、、、と考えが具体化して行っています。

|

« トスカ | トップページ | 上方舞源氏舞台「浮舟」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事