« 万華舞 | トップページ | 能を舞ふ「井筒」 »

2010年5月 4日 (火)

〔典枝舞一夜〕が冠公演に

先日京都府文化芸術室より秋の公演「典枝舞一夜」のチラシ等に「京都府次世代等古典芸能普及促進公演」の冠を付ける様にとの指示を頂きました。

地道な活動が認めて頂けた事と感謝の気持ちです。

本年度より「上方舞立花流 典枝舞―ワンコインで楽しむ上方舞―」を始め様々な活動をさせて頂く中で、古典中心ではなく、古典を踏まえそこから新たな革新も生んで行く活動が如何に大切かも勉強させて頂いています。

「伝統とは革新を繰り返す事で受け継がれて行く」正にこの言葉通だと感じています。

伝統芸能に携わっている事はとても幸せであり、使命も感じています。

伝統芸能を伝承しつつ革新を繰り返して行きたい!!!

その為にはひたむきな精進と冷静な判断力が必要です。

止まることの無い精進です。

|

« 万華舞 | トップページ | 能を舞ふ「井筒」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事