« 上方舞立花流典枝舞 | トップページ | 上方舞 湖夢幻―近江八景― »

2010年3月17日 (水)

東大寺「修二会」

Omizutori2  Omizutori 先日東大寺「修二会」お水取りに劇団「高円」の修二会メンバーの方に案内して頂き、伺いました。

天平4年より1259年一度も中断する事無く続けられて来た、生きた文化遺産とも言うべき行です。最初に案内をして下さったのは、大仏殿の大仏の連弁です。そこは大仏様のまじか、、、本当に座していられる直ぐ真下の所です。

最初に「修二会」についてお話下さいました。二月堂で十一面観音に悔過する行法であると、その行の八割が懺悔であると、そして後の二割が感謝と招福、人々の平和を祈る事。

そのお話を伺い大仏様の連弁に上った時にはただただ、「感謝と平和」への祈りしかありませんでした。不思議な空間でした。時空を越え天平の時代に瞬時に戻ったような、、、とても不思議な感覚でした。

それから夜に「修二会」の二月堂へ案内して頂きました。そこでは練行衆と呼ばれる十一名の僧侶の方がたが行をされていました。ただひたすらに行をされるその姿に感動しました。灯火、声明、差懸の音、、、それはまるで芝居の舞台そのものでした。

灯明に揺らぐ僧侶の影、、、声明の声、、、差懸の響き、、、まさに素晴らしい舞台です。嘗てギリシャでも神に祈りを奉げる事は全ての芸術の始りでした。「修二会」は日本の伝統芸術の原点のように感じました。光と影と声と音と祈られる姿、、、それは大和の日本の芸術の始りであると思います。

1958年間一度も中断する事無く続けられている「修二会」、当時の人々が例えば、一握りの土を、、、1本の木、、、その人が奉納できるその一つ一つが集まって、あの大仏が完成されたと、、、そして、1958年間続けられている。今私達はその事を見つめ、心に留め置かなければならないと思いました。神仏への深い懺悔と感謝と人々への幸福をひたむきに修行し祈り続けられている姿に私は、ただ手を合わせました。

|

« 上方舞立花流典枝舞 | トップページ | 上方舞 湖夢幻―近江八景― »

「文化・芸術」カテゴリの記事