« 地唄「ゆき」を舞い続ける | トップページ | 東大寺「修二会」 »

2010年2月23日 (火)

上方舞立花流典枝舞

「上方舞立花流 典枝舞」―ワンコインで楽しむ上方舞―と題して「大津伝統芸能会館」と京都では「田中神社・弘安殿」で舞って行きます。

「田中神社」は3月21日(日)13時~「上方舞の成立ち」や「舞と踊りの違い」「男舞・女舞の表現、所作の違い」等などお話させて頂きます。

その後地唄「雪」を二様、御高祖頭巾で舞、何も持たずに舞う、、、

次は5月15日(土)13時~「上方舞特有の呼吸法」「上方舞の表現方法」「名古屋帯・小簾の戸の振付裏話」等など

その後地唄「名古屋帯」「小簾の戸」を舞います。

「大津伝統芸能会館」では9月5日(日)午後2時~

お話は「上方舞の成立ち」「舞・踊りの違い」「門松に観る男舞・女舞の表現と心の違い」「地唄「きぎす」「名古屋帯」「黒髪」の振付裏話」等など

その後社中のよる地唄「きぎす」「名古屋帯」の舞

私は地唄「黒髪」を舞います。

いずれもワンコイン¥500で開催させて頂き、多くの方に「上方舞」を知っていただき触れて頂きたいと思っています。

|

« 地唄「ゆき」を舞い続ける | トップページ | 東大寺「修二会」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事