« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

京都のやさしい風ゲスト麻植美弥子さん

麻植美弥子さんとは幾度も幾度も競演をしている仲!!!

麻植さんの十七絃箏は実に雅で奥深い世界を奏でられる!!!

去年は「六条御息所幻想」で幾度かご一緒して、、、、、その前は「万葉恋歌」での共演。

そして、話は今年から活動開始した「京都4TION」の話。

今年の秋に公演する「横笛」―創作源氏物語―

私は横笛の化身になり舞って行きます!!!

麻植さんは十七絃で横笛の化身の想いを表現して頂く、、、

語りは狂言の茂山童司さんと文学座の麻志那恂子さん!!!

そこに岩坂富美子さんのシンセサイザーが入り、、、

新たな源氏の世界を皆様にお観せ出来ると思っています。

作曲は全て岩坂さん。

そこで、、、麻植さんの十七絃が箏でありながら箏でないような音色を奏でて行きます。

これから創って行く世界が私も楽しみなんです!!!

|

2009年6月 4日 (木)

GPライダー ワイン・ガードナー

先日本屋さんへ、、、探していた本が見つからず、、、

何気にバイクの雑誌に、、、で、久しぶりに「RIDING SPORT」を手にとって、、、

まあ久しぶりに見よう!!!って買いました。

2009MOTOGPのレース模様が、、、やっぱバイクっていいね~~~

見ているうちにビックリ!!!

ワイン・ガードナーの特集!!!えっ!!!えっ!!!

あの当時私の中で最高のライダーが、

ウエイン・レイニーとワイン・ガードナー この二人だった!!!

ガードナーはパドックでもピットでもサーキットホテルの中などで見かけても、いつもとってもジェントルな人だった。

当時良く8耐にも出ていたんで、サーキットの中やホテルの中でチームメイトと居る姿を本当に良く見かけ、その度に穏やかな佇まいを遠めに感じていました。

あれ程のレースを戦う人が、、、っていつもそう感じていました。

でもレースでは、

イタリアGPでは押しがけに失敗、後続車両に突っ込まれ、シフトを破損しながらのゴール。

外れたカウリングを引きずったまま激走し、母国での2連覇を達成もした。

その戦いぶりは鮮烈でした!!!

そして、その雑誌に書かれていたガードナーの人となり

「ホンダがガードナーの最大のライバルローソンと契約、、、かなりのショックを受けたにもかかわらずチームを離れず、ホンダの要請に従い過酷な8耐にも出場し続けた。」

「そして、第二の故郷というべきイギリスのファンにグランプリの扉を開くキッカケを与えてくれたことに対して感謝を述べ、、、引退会見の翌日、ガードナーは持てる力を振り絞るようにアクセルを開けると劇的な勝利を挙げ、その花道を自らの手で飾って見せた。」

ホンダカラーが実に素敵に似合った人でした。

ホンダカラーのバイクにホンダカラーのツナギが似合っていた。美しかった!!!

ガードナーの走りって、、、品が良かったのよね、、、

レイニーとガードナー!!!

素敵なライダーだった!!!

いい夢を見させてくれた!!!壮絶に戦い続けたライダー!!!

忘れられないよね!!!

|

2009年6月 2日 (火)

万葉恋歌

「万葉恋歌」の動画が

http://www.youtube.com/watch?v=ztxmLR0p9B8 

にUPされています。

  舞・作舞:立花典枝

 十七絃箏:麻植美弥子

キーボード:岩坂富美子

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »