« 能を舞ふ | トップページ | 「京都のやさしい風」のお客様 »

2009年2月 2日 (月)

神殿から吹き抜ける風

雪の舞う夜明け 赤みを差す日輪 清涼な風 奉納舞の当日に相応しい朝でした。早朝神社に着くと美しい女人の宮司さまが出迎えて下さり、仕度の部屋に案内して下さいました。清清しい心地で仕度をしていると遠方から朝早く駆けつけてくれた、鼓・謡の森本裕紀子さんが笑顔で仕度部屋に登場!!です。美しい人です。根性の座った見事な人です。心配りが細やかで、、、気の合う人との共演はいいものです。

田中神社の「とんと祭」の火が燃え盛る中奉納舞が始まります、、、燃え行く火、静かに、敬虔な心で神殿に座し舞い始める、、、中の舞の中風が、、、神殿より吹きぬける風、、、風に舞う木の葉、、、神殿から吹き抜ける風は神さまが喜んで下さる印と、、、其の時私も裕紀さんも高天原に、、、雲の上に、、、居たように同時に感じていました。

裕紀さんとユニット「HIMIKO」を結成しました!!!二人で様々な能の演目に挑戦です。

最初に奉納「草子洗小町」次に3月15日に「熊野」そして4月12日には箏の入っての「熊野」これから演目を広げ様々に挑戦して行きます。

|

« 能を舞ふ | トップページ | 「京都のやさしい風」のお客様 »

「文化・芸術」カテゴリの記事