« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

能を舞ふ

いよいよ始動し創めた―能を舞ふ― 今回は「草子洗小町」小野小町のお話。2月1日に田中神社での奉納舞で「草子洗小町」を舞う事になりました。能を鼓と謡のみで舞う!!!かなりの挑戦です。鼓は森本裕紀子さん。彼女の鼓を初めて聞いた時に感じました。「戦い続けてきた鼓だと!!!」掛け声が並みの性根の据わりではないんです。性根の据わりかたが尋常ではない凄さを感じました。この人となら一緒に創ってゆける!!!創って行きたい!!!そう感じました。彼女に言いました。「並々ならぬ修行を超えて来られたんですね。本身の刀が抜かれている!!!凄いですね。」「分かって頂けたんですね。」人と人の出逢いって、不思議です。心が心を呼ぶ込むんですね!!!明日は裕紀さんの抜いた本身をしっかりと受けて立ち会います。私も相当な覚悟を据えないと、、、、、です。

この間ご一緒した坂田佳子さんのブログkeikopusan.exblog.jp  です。おしゃれでチョとセクシーな佳子さんらしいブログなんで又訪れてください。

|

2009年1月29日 (木)

最高の仲間達

27日に「太閤園」のイベントに出演させて頂きました。「ART CLUB」の敬子ママからのお話で、ピアノ:釋恵一・唄:敬子ママ、坂田佳子・舞:立花典枝、、、の、これは「愉快な仲間達」かな???楽屋でも待ち時間でも笑いっぱなし!!!佳子さんのすっとんきょうな素敵にセクシーなパーソナリティーは笑いを誘いっぱなし、、、、、(話したいけど、、、これはオフレコ、、、無理話せません!!ちょっと色っぽ過ぎて、、、ね)釋さんと敬子ママはもううん十年の付き合い、、、そんな中で「ART CLUB」のXMAS等は釋さんがママから頼まれてARTのキッチンで料理を、、、でも釋さんの本業はあくまでも「ピアニスト」なんです。でもそこは人が良い釋さん、そして何事にもノメリコム釋さん、、、夢中に一生懸命料理に専念して、、、ママから「釋さんピアノ弾いてよ!!!」との声!!釋さん「あんたが作れって行ったのに~~~~~」ママ「ああ!!そんな事あったなあ~」またある時、ママと女友達、、、と釋さんと男友達、、、「皆で集まって楽しく食べよう!!!」「おーー!!!」で集まっていざ料理、、、すると女達全員椅子に鎮座されて少しも動かず!!料理したのは釋さんと友人の男友達だけーー釋さん曰く「皆主婦なんだよ!!それも現役の!!まあ若干一名はリタイヤだけどな~~でも全員ピリっとも動かへん~~~女は凄い!!!」で、、、大笑い!!!で、みんな「やっぱ女のパワーは全開ね!!!」敬子ママ「これで巡業行ったら笑いっぱなしね。楽しいやろね。」本当に楽しかった!!!気の合う仲間ってやっぱり素敵!!!でもみんなプロ中のプロ!!!仕事はしっかり!!!心は豊かに!!!笑いは豪快に!!!私幸せです。周りは良い人ばかり!!楽しくって、幸せで、マタマタ感謝です!!!

|

2009年1月20日 (火)

美しい愛の賛歌

先日大阪心斎橋「ART CLUB」でライヴをさせて頂きました。bar其の時ご一緒させて頂いたのが田代美代子さん、、、そうあの田代美代子さん!!!美しい方はやっぱり美しかったです。そしてとってもピュアな方!!!今まで本当に多くの方がたの「愛の賛歌」を聞かせて頂きました。でもあの夜聞いた田代さんの「愛の賛歌」はとってもピュアな「愛の賛歌」だったんです。ピアフの壮絶な「愛の賛歌」というよりも岩谷時子さんの世界の持つ清らかな美しい「愛の賛歌」でした。優しく、清らかで、でも力強く、、、愛を歌い上げられた。素顔もとっても素敵な方で、、、楽しい、楽しい打ち上げは夜を越して日にちが遥かに変わっていました。いいご縁頂けて、幸せでした!!!happy01heart02happy01

|

2009年1月17日 (土)

海に沈み行く雪

「海に沈み行く雪・・・・・」美しい言葉ですよね。伝えて下さったのはギタリスト西垣正信氏地唄の「雪」からのイメージだそうです。京に降り行く雪、、、、、音もなく静かに降り積もる雪、、、、、賀茂川に音もなく舞うが如くに降る雪、、、、、それを見ながら「海に沈み行く雪」と言う言葉を、その情景を思い浮かべていました。地唄の「ゆき」は女の情念を舞う、その情念を過ぎた、超えた今もなお心の奥に秘めたように静かに、消える事無く、燃え盛る事無く、静かにしかし確実に生きている情念、、、、、その地唄の世界を超えて女の情念を超えてもっと深くへ、もっと彼方へ、、、、、情念を思いの地獄を見たからこそ超えようとする人間の心を「海に沈み行く雪」の中に描きたいと、、、、、新たな地唄「ゆき」の世界を舞う事が出来れば、、、、、そう感じた。ゆきの夜。

|

2009年1月14日 (水)

思うこと

年頭から奉納舞をさせて頂き、感謝で始まった本年。その後も鎮魂舞を舞、私の中で舞の有り様が確立して行くように感じた今年の年頭の舞でした。舞重ねてゆく度に自分の中で確立してゆく舞。上方舞の本道である古典、「源氏を舞ふ」「能を舞ふ」「様々なコラボレーション」そして、「鎮魂舞(奉納舞)」この三種が私の舞の根幹に位置すると、、、、、自然にそう感じています。この三種が私が舞続けてゆく、精進してゆく舞。幾度も幾度も皆様の前で演じ、舞う事によって確立して行った事と感じています。風が吹き、花が舞い、水が流れ行く、、、時は止まる事無く過ぎ行く、、、同じ場所に、同じ形では止まる事がない、、、人も形も思いも、、、でも普遍にあるものを求め、追求し、表現して行きたい!!!命を燃やして行きたい!!!

|

2009年1月 4日 (日)

初春のお慶びを申し上げます。

明けまして おめでとう ございます。sunsunsunsunsunsunsun 今年は皆様にとって素晴らしい年であります様にお祈り申し上げます。私は3日に琵琶湖の湖畔にて奉納舞を年頭にさせて頂きました。琵琶湖には龍神が住むと言われ、それはそれは美しい白龍だともいわれます。舞う時に琵琶湖の湖面が光輝き!!!波が黄金に光りました。舞うというよりも巫女のような思いになりました。今年の初めにとても素晴らしい機会を頂き感謝です。今は様々な状況が世界を駆け巡り、日本もその状況に左右される事が多々あります。そして私の周りも様々に動いています。生きている以上変化は常にあります。同じところに止まることは決してありません。それは公も個人も等しく同じです。動く事が状況を良くして行くと信じる事が大切に思います。信じる事の大切さは自らが様々な不安、苦悩、等に左右されず、常に「不動心」である事。時には揺れ動く時もあります。しかし、常に「不動心・中道の心」でいようと心掛ける事からその心は生まれると思います。きっとそれは日々の精進にかかっている!!!そう思います。今年は《希望と信念》を抱いて《素直に謙虚に》を大切に突き進んで行きます!!!

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »