« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

不思議な1日

ある場所で京都の「瓢亭」の美しい写真に出逢いました。まだ娘時分の頃亡き父が家族を連れてよく連れて行ってくれました。「瓢亭」に伺うといつも奥の離れに案内され家族で打ち水の美しいお庭を眺めながら美しく美味しいお料理を頂いた事をほんの昨日の事の様に思い出されました。人の記憶の不思議です。一瞬の内にそのかつての時代にタイムスリップするんですね。そしてその記憶が幸せであればあるほどより鮮明に温かく蘇る!!!そして夜に京の町屋でジャズのそれもサックスのソロのライヴ守野さんのサックスは不思議に町屋にフィットして、京に居るのにニューヨークに居るような不思議な感覚でした。その後何十年もの友人宅へ、、、そこは唐、秦、チベット、鎌倉、平安、江戸時代の多くの美術品がおかれている場所です。行くとすぐに「典枝これかぶってご覧」と言われ持ってこられたのがなんと秦時代の王妃の宝冠!!!全てが金で設えられて、しかも龍が宝冠の中央に二体!!その見事さ!!!七宝焼きが施されている飾り物は見事です。頭には載せるとずっしりと重く、不思議なエネルギーを頂いたように感じました。今の金額にするとなんと一億もの価値だそうです。私の頭に今夜その宝冠が載ったなんて!!!今日は1日不思議な出逢いと不思議なエナジーを頂いて2008年の京に居るのに幾度も時空を超えたような不思議な1日でした。でもとっても幸せな1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

福井泰三個展

8月12日(火)~8月17日(日)11:00~7:00まで場所:京都四条通りに面している「ギャラリー祇園小舎」2F。福井泰三さんとは中村ヨシミツさんのライヴでお目にかかったのが最初でした。それからヨシミツさんの公演やライヴの折には必ず泰三さんが美術や照明のスタッフとして参加されています。今日初めて泰三さんの個展に伺いました。日本画が基調にある絵の作品、陶器の色々、、、いくつかの絵に惹かれました。小品なんですが、その中に必ずとっても小さく人が描かれている。その小ささに不思議と惹かれました。絵の空間が無限に広がるようで、、、「私もっともっとしっかり働いてしっかり稼いでこれ頂きたいです。」本当にそう思いました。陶器の作品にまるでエッシャーの絵のようなとってもシュールな感覚の置物があって、そこに幾つかの階段と窓があり、そこから覗くとまるで違う世界に居るようで、とっても素敵でした。陶器の作品の今年の干支の小さな小さなねずみの親子!!!あんまり可愛いので頂いてきました。ほのぼのとしたいい感じです。作家さんは会期中はいつも居られるようです。是非いらして下さい。素敵な個展の世界に浸れますから!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

京都3TION

京都室町にある「遊子庵」(http://yuproject.com/yusian.html)にて「舞・音・話」のコラボレートを通して京都の文化の研究をし、他分野の交流を通して伝統を踏まえた新たな文化とその育成をしようと集まった5人衆名づけて「京都3TION」参加者は舞の私、話で田中健氏(田中神社禰宜・京都造形芸術大学客員教授・未生流笹岡総合プロデューサー・阪神・淡路大震災復興協会理事長)たつみ都志氏(武庫川女子大学教授・谷崎潤一郎記念館副館長・NPO法人潤の会代表)麻植美弥子氏(箏・十七弦箏演奏家)・岩坂富美子氏(チェンバロ・ピアノ演奏家・作曲家)のメンバーで月2回のコラボレーションを行い、京都の伝統の中に息づく芸・精神を参加される方がたもご一緒に考えて行こうとの試みです。秋より開始しますので、ブログでもまたお知らせしますので多くの方に参加して頂きたく思っています。又様々なご意見も頂きたく思っています。どうか宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »