« 夢に向かって | トップページ | ジャズと揺らぐあかり »

2006年6月 3日 (土)

私のラジオ番組の六月のゲスト

六月のゲストの紹介です。
正木京子さん。芦屋市・西宮市を対象としたタウン誌「な~る」のオーナーさんです。何故西宮の方が?ですよね・・・
私が会員として所属している会に正木さんもいらして話が弾みました!息ぴったりの人でした。どんどん話が進んで。
ラジオで今現在の思い・夢・・・・語りましょう!!!  そして実現しました。
今彼女がバックアップしているジャズヴォーカリスト「藤村麻紀さん」彼女のコンサートが6月11日(日)6:00~西宮《兵庫県立芸術文化ホール》にて開催されます。感性の豊かなヴォーカリストです。(ちょっと変わった麻紀さんのプロフィール:15歳から東京吉祥寺でライヴ活動を始める。1992年東京Vocalコンテストで最優秀歌唱賞受賞。検事を目指し慶応義塾大学法律部法律学科へしかし在学中に米国スタンフォード大学へ留学。其の時ゴスペルに出逢う。これが今の彼女へと繋がって行くんです。)
そんな正木さんの活動と彼女の人となりを皆様に紹介します。
血液型:A型 年齢:美とキャリアの融合齢(私にはそう感じられました。)彼女曰く:タンゴの名手の父と宝塚ファンの母の間に生まれる。子供も頃の夢はデザイナー、やがてジャーナリストを夢見る。結婚出産を経て、朝日新聞関連の情報誌の業務に就く。阪神大震災から1年後に広告代理店を開業、法人設立。そして現在タウン誌「な~る」のオーナー・編集長。
「兵庫県立文化芸術センター」を着工直後から取材。紙面上で、地元が支えるべき文化を発信し続けている。
文化は地域の中に生まれ根付き、そこから育ってゆくものと思います。
今自分達が出来る事、しなければならない事。育てるべきもの。生まなければならないもの。
人生を生きたからこそいえる事。越えたからこそ伝えれるもの。人間の心のうずきを形にする。それが全ての文化の始まり。
今は古典と言われる其の数々の文化も芸術も全ては人の心の発露から生まれました。
そんなことも交えてトークして行きたいと思います。 みなさまお楽しみに!!!

|

« 夢に向かって | トップページ | ジャズと揺らぐあかり »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178370/10373377

この記事へのトラックバック一覧です: 私のラジオ番組の六月のゲスト:

« 夢に向かって | トップページ | ジャズと揺らぐあかり »