トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

Prayer TAKESHIさん

友人の《Prayer TAKESHI》さんが1st.albumをリリースされました!!!皆様にお知らせです。彼は、東京芸大出身在学中から二期会オペラ・藤原歌劇団オペラに出演。卒業後はNYにヴォーカル&ダンス留学。帰国後「劇団四季」の「キャッツ」「オペラ座の怪人」「ドリーミング」「ヴェニスの商人」に出演。今は、ヒーリング・ゴスペル・ユニット「Praiyer」を結成して活躍中です。今回待望の1st.albumが出ました!!!本当におめでとうです。彼は人柄もさることながら声がイイ!!!実にイイ!!!深くココロに響くイイ声と暖かな心の持ち主です。芝居心のある、表現力が深いヴォーカリスト。皆さんにお勧めなので紹介します。「Healing Gospel」是非!!ですよ。詳しくは:彼のURLへ私のリンクからも入れますが、一応紹介します。「http://777prayer.at.webry.info/」これからのコンサートも紹介されています。きっと皆様に暖かな癒しの時間が訪れることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

三石瑤子さんと私のオチョブ

ラジオカフェのゲストに来て頂いた方で「三石瑶子さん」

三石さんとは実はご近所なんです。

私の家には病を抱えている犬一匹と10年になる猫一匹がいます。

この病気の犬。拾いっこのわんこ。種類は芝犬なのになぜかダックスフンドのように

まるでドラムカンに足がついてるような犬!!!

だから名前は「オチョブ」ちょっとだけブーコだから・・・・・

一応ねんのために医者へ・・・・・「痩せさせないと」と先生。食事療法してやせました。

今度はどんどん痩せてゆく「先生おかしいです。」検査しました。

なんと!!!!!「糖尿です。」  「えっ~~~!!!!!」

それからチョブとの闘病の日々、朝一番に散歩・食事・注射

この注射私がするんです。

もう今では少々の医者より絶対に「うまい!!!」自信ありです。

三石さんのお家のあたりをチョブと散歩中に仲良くなって、

いろんな話をして、ドンドン親しくなって、気があったんです。ステキな方。

凄い方なのにちっともそんなことを感じない。

三石さんは「病気の多くの原因は食生活や生活のパターンの急激なアメリカナイズにある」といわれます。

8年間フランス ルイ・パストウール大学医学部 腎臓内科に留学 

 腎移植の臨床を学ぶ。その後 免疫学教室に在籍 移植免疫の研究に従事。
 1987
11月~199912
 12
年間アメリカ UCLA外科移植抗原研究室に在籍 遺伝子を用いて移植抗原

 をタイプする研究に従事、主任研究員として研究者の研究指導にあたる。
 2000
1月~現在
 京都 ルイ・パストウール医学研究センターに勤務。分子免疫部部長として移植

 抗原の研究の傍ら 付属診療所副所長として、癌の免疫療法に従事。》

また「病気とお友達になるんです。心の動き、思いで病気も左右されます。」

「私は多くの患者さんから多くのことを学びました。これからも患者さんが幸せにならるるように診てゆきたいです。」

私は三石さんと話しをしていていつも思います。

この言葉を思いを多くの人に伝えたい!!!

一人でも多くの人に聞いていただいて、心を癒して頂きたいと思っています。

人の輪って繋げてゆこうとする心が、次の人をまた次の人をと繋いでゆくんだと思います。

京都三条ラジオカフェの「京都のやさしい風」は心を紡いで、心を繋げて大きく飛翔したいですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

 夢・無限

私がこの《京都三条ラジオ・カフェ》のパーソナリティを始めて一年になろうとしています。 やっと1年、、、? う~ん、あっという間の1年でした。

様々な方にゲストに来ていただき素敵な番組にしていただきました。

そんな皆様を紹介したくなって話していると、私のホームページを作っていてくれ

ている彼女が「ブログにされませんか?」これがきっかけでした。

そして、はじめました。   宜しく!!

まずは一番最近のゲスト「Benjamin DIAMOND  Benjamin MORANDO」さんの紹介から

ダイヤモンドさんは99年全世界で200万枚のセールスをしたスターダストの“MUSIC SOUNDS BETTER WITH YOU”のヴォーカルとして脚光を浴びた人です。

01年に1stアルバム《STRANGE ATTITUDE》をリリース。

続いてディオールのショーのための音楽を製作。

05年春2ndアルバム《OUT OF MYSELF》をリリース。本当に多彩な人です。

今回の来日はアルバム「DIRTY DIAMONDS」の発表のための来日でした。

ベンジャミンさんのコンセプトは「人間の心・自由な感性」お話をしていても、

本当にナチョラルで、暖かな人柄の方でした。

今自分のレーベルを設立されて、ミュージシャンを育てていられる。

其の中で、「型にはめずに、自由でしかし抑えるところはしっかり抑える。

自由でありながら、けじめをつけた指導もして行く。」

と、其の姿勢は堅実で、素敵な人でした。

フランスのエスプリもあり、自由奔放で少しシャイで粋な人でした。

何の前触れも無く、突然出演の話が出来上って、それを楽しみながら出て下さいま

した。 この軽やかさは何なんだろうって、不思議に感じながら話しえをしている

と、これがフランス人の人生の楽しみ方!!

あっ!!そうなのか、とってもフットワークが良いんです。

話し出したらとまらない、本当に時間が過ぎて行って、延々と語り始める。

実に楽しい人です。

同じベンジャミンという名前のDIAMONDさんとMORANDOさん

その時時の時間を実に楽しまれる、出会いも、その場も。

肩の力を抜いて、自然に軽やかにそんなことを教えてもらったような気がします。

次の日に京都のクラブ「LAB TRIBE」にゲスト出演されるということなので。

行きました。彼のDJ 中々素敵で、彼が演奏するとホールにし自然人が集まり、

曲想も変化がとっても面白かったです。

彼の「音楽に関しては、ジャンルを問わず、新旧を問わず良いものを伝えたい。」そのジャンルを越えた感性の煌きは素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »